からだに異変を感じたら、お医者さんのもとへ

合併症の危険

医者

寝ている間、自分では寝相や状態などを見ることは出来ません。その中でいま問題視されている症状として無呼吸症候群があります。この無呼吸症候群とは睡眠障害の一種となっており、寝ている間に呼吸をしていない時間がある症状のことです。代表的な症状として集中力低下や強い眠気といったものが多いと知られています。ですがこの病気の治療を内科や呼吸器系などで行っています。無呼吸症候群とは少し変わった病気でもあるため、治療において実績がある医療機関を選ぶようにすると良いでしょう。上記でも少し触れましたが、この病気は悪化すると集中力が低下するため仕事や日常生活に大きな影響が及びます。

睡眠障害の病気には何種類がありますが、その中で無呼吸症候群というだるさや倦怠感という症状が出る病気があります。無呼吸症候群を始め睡眠障害について研究している医療機関では、ホームページ上にセルフケアチェック出来るコンテンツがあります。そこで簡単に病気の進行具合について確認出来るため、実際に診察する前に受けておくと便利でしょう。これを事前に受けておくことによって、客観的に自分がどのくらいの症状を発症しているか知ることが出来ます。この無呼吸症候群ですが、甘くみてはいけない症状で、もし無呼吸症候群の状態が長く続いた場合、不整脈や糖尿病、さらに心臓病など様々な病気になる恐れがあるのです。そのためセルフチェックもしながら、もし心配であればすぐにでも専門機関に相談しましょう。

コンテンツ

アレルギー性鼻炎とは

看護師

アレルギー性鼻炎はくしゃみや鼻づまりが主な症状の病気で、体のアレルギー反応によって起こります。花粉やダニなどのハウスダストが原因のことが多くて、原因は耳鼻科に行けば調べてもらえます。大気汚染や食生活が原因になることもあります。

もっと読む

投稿記事

不調になったら受診

聴診器

さいたま市の内科では風邪の他に生活習慣病の治療も扱っているのが特徴です。また治療費については風邪の場合には保険適用されますが、生活習慣病の場合にはそうでないため若干高額治療となることがあります。

もっと読む

様々な薬が使用される物

病院

リウマチの治療では、現在様々な薬が使用されるようになっています。このような薬は時に副作用が起こることがあり、慎重に使用していくことが求められているのです。世田谷のクリニックでは、漢方薬を使用して薬の量を減らすことを目指しています。

もっと読む